贈り物でタブーなもの

贈り物で避けるべきもの

贈り物とマナーについて

品物をプレゼントする事は、相手への敬意の証となります。お歳暮や誕生日の機会を利用して、上司や知人に贈り物をプレゼントすれば、それは人間関係の潤滑油となる事、間違いありません。ただ、贈り物には一定のマナーがあり、相手の環境や趣味趣向をある程度、把握した上で品物を選ばなければいけません。例えば、血圧が高く通院している方に、アルコール度数の高いお酒や塩辛い燻製肉や辛味が激しいキムチ等を送るのはタブーです。たとえ自分が全く知らなかったとしても、プレゼントされた側は気分を悪くします。自分が好きなものを贈る事は大事ですが、まず優先すべきなのは相手の環境であり、結果的に嫌味になってしまうような品物選びはタブーです。

送る際のマナーとはなにか

人と人との結びつきの中で、感謝の気持ちを伝えたり、お祝いの意味を込めて贈り物を送ることはよくあります。それでは贈り物をする時のマナーは何に気を付ければいいのでしょうか。一番大切なことは送る相手の気持ちになって贈るものを選ぶことです。相手が負担に思ったり、不快に思うようなものは避けるべきです。贈るものによっては、失礼に当たる場合もあります。何の意味を込めて贈るものなのか、その気持ちが伝わるものになっているかを必ず確認する事が大切です。相手が受け取って困ることなく、素直に喜んで可能であれば役に立つものを贈るのがいいでしょう。また、その際には必ず一筆書いて同封する事が大切です。

贈り物マナー情報

新着情報

↑PAGE TOP